着物買取で大事な生地の質や着物のサイズ
着物は一体どのような状態だったら、着物買取の査定へ出して高く売れるのか、着物を手放すことを検討する人には知りたい情報です。
まずは着物の質の良さや状態は、査定でも確認をするポイントですし、良いに越したことはありません。
生地の質はやはり査定時にも注目であり、どの生地が高くなるかはダントツで正絹です。
言うまでもなく正生地はトップで高く売ることができますし、比較的高い査定額が付くのは麻の生地も期待できます。
逆に着物買取の価格として安くなるのは、ポリエステルやウール類であり、化繊の着物は買取価格が低いです。
サイズ的なことも考慮されるので、大きめのサイズは買取査定の価格は高くなりやすいと言えます。
サイズが小さいと生地がもはや決まっていますが、大きめの着物サイズだったら、仕立て直せばどのようにもなりますし、着用できる人のサイズの幅が広いです。
着物の保存状態も査定額を割と左右するポイントであり、着物の生地に傷みや汚れが目立つと買取価格は低くなります。

none